プレゼンで話していることが事実か、意見か、区別することは重要です。「事実」は、本当にあったことや、だれでも確かめられること。一方、「意見」は、その人が考えたことです。「彼は運動が苦手だ。…頭が良い。…気が強い」。これは全部、プレゼンをした人が考えたことです。そう考える人もいれば、そうは考えない人もいます。本当かどうか確かめることができないので、これは「意見」なのです。プレゼンを聞く時は、事実か意見か、しっかり区別して聞くことが大事なのです。プレゼンの話の流れには事実と意見が混ざっています。どれが事実でどれが意見かを意識して聞くと、客観的な判断ができるようになります。