プレゼン教室をする時によくあるのは、特定の子供だけが話しているということです。
他の子供たちにも 「皆どう思う?」と言うと、シーンとして、「分かった?」と言うと、「はい」としか言いません。 
これだけでは、全然面白くないので、アイスブレークの為に5分間ミーティングを初めに入れるケースもあります。 
プレゼン教室の授業をする時に「今日のテーマは、こんなことです」だけで、その内容を余り喋らないのです。 
「隣同士で3人グループになってくれる?」 「このテーマについて、5分間ぐらい自由に話して?」と言います。 
5分後、「今3人でどんな事を話したか教えてくれる?」いう風に言うと色々な意見が出てきます。 
3人で話し合うと、自分の意見を出しやすくなるだけでなく、人の意見も聴いてみようと思うのです。
プレゼン教室の目的は、自分の考えを分かりやすく伝えるだけでなく、相手の話をよく聴いて理解する努力を学ぶ事です。