出来ない事を出来るようにさせる教育のアプローチの1つに、トレーニングがあります。
繰り返し行わせる事で、出来るようにさせる事がトレーニングの要素で、教育ではよく取り入れられる形態です。
教えたり、指示したり、管理する方法を使って行動を積み上げさせて行く事が多いようです。
人は3週間、同じ事を続けると習慣になるという研究結果があります。
例えば、片づけを習慣化させるには、ガミガミ言ったり、罰を与えたり、おだてたりして、とにかく続けさせると言う事で、嫌にならない様に、子どもに楽しいゲーム的なものをやり続けさせ、習慣化させるのを目指します。
子どものタイプによった取り組み方が重要で、言われた事を真面目にやれる子は課題を与え続け、楽しさを求める子はゲーム性を取り入れるなどの工夫が必要です。
3週間続けて、ある分岐点を越えると、片付けないと気持ち悪くなり、自然に動いてしまうようになり、片付ける良さを感じてくるのです。
一般に、日本人はこれが得意なので、教育でも多くの場面で使われています。