ジュニアプレゼン協会は、プレゼンテーションの学習を通して、ジュニア世代が、人前で積極的に発言する楽しさを体感し、将来国際社会で活躍する人材を育成することを活動目的とする一般社団法人です。
先生のブログ
  • HOME »
  • 先生のブログ »
  • 先生のブログ

先生のブログ

環境をつくる

人間は、環境に影響を受けている部分がとても大きいと思います。 例えば、強い伝統のあるスポーツチームに入ると行動が自然に先輩たちと同じようになっていきます。 会社で言うと企業風土とか社風いうことで、家庭で言うと、家族の雰囲 …

トレーニング

出来ない事を出来るようにさせる教育のアプローチの1つに、トレーニングがあります。 繰り返し行わせる事で、出来るようにさせる事がトレーニングの要素で、教育ではよく取り入れられる形態です。 教えたり、指示したり、管理する方法 …

何が君をそうさせているの?

小学校の先生に聞いた話です。 水泳授業の時に、どうしても泳がない生徒がいて、勿論、水泳のテストも見学です。 先生は、「泳がなきゃ、成績がつかなくなるよ」と、泳ぐように色々と説得をしますが、なかなか泳ごうとしません。 そし …

スポーツコーチング

スポーツ指導はとかく結果を求めがちですが、「勝つ事」と共に「育てる事」が重要です。 どちらが大事という事ではなく、それぞれの局面でどちらに重点を置くのかを考える指導が必要です。 小さい頃から練習をし過ぎて、精神的な部分が …

成功のイメージと強い思い

プレゼンを成功させるために必要な事は「成功のイメージを描き、そのイメージを現実にしようとする強い思い」だと感じています。 プレゼン教室では、成功に向けて色々なスキルを勉強しますが、そもそも自分自身が伝えたい事、もしくは、 …

諦めてしまう子供

プレゼン授業に参加する子どもの中に、上手にできないからと言って、直ぐに諦めてしまう子どもがいます。 「自分はプレゼンが上手にできない」と自己認識できているのが凄いですし、そこに才能があると考える事もできます。 「できない …

英語教育の変化

日本の小学校の英語教育が劇的な変化をすると言われています。 日本人の英語力は世界でも有数の低レベルで、このままでは大変なことになると遅ればせながら気付いた文部科学省は 5年後の完全実施をめざし、英語の授業を3年生から始め …

コミュニケーションの量

A君は、質問したらどんどん答えようとします。 B君は、黙ったままで、答えられません。 この二人の生活パターンをご両親に聞いてみると、A君の環境は周りとのコミュニケーションの量が圧倒的に多いようです。 B君の環境は、親との …

考えてもらう質問

もう5月ですが、春は新たな気持ちで再出発するチャンスであり、子どもにとっても夢と希望がふくらむ季節です。 そんな気持ちを大切にする為に、子どもに勉強の事、クラブ活動の事など何でも質問してみましょう。 「お母さんは〇〇とい …

ペーシングのすすめ

ペーシングというのは人にペースを合わせるという概念ですが、ほとんどの皆さんは、人と仲良くしたり、信頼関係を作る為に、無意識にやっています。 例えば、声のトーン、話の内容、話し合う時の態度、表情もおそらく皆さんは気を遣って …

Page 1 / 412»

カテゴリー

140630チラシ2
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 ジュニアプレゼン協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.