ジュニアプレゼン協会は、プレゼンテーションの学習を通して、ジュニア世代が、人前で積極的に発言する楽しさを体感し、将来国際社会で活躍する人材を育成することを活動目的とする一般社団法人です。
先生のブログ
  • HOME »
  • 先生のブログ »
  • 先生のブログ

先生のブログ

相手の話を聴く

プレゼン教室をする時によくあるのは、特定の子供だけが話しているということです。 他の子供たちにも 「皆どう思う?」と言うと、シーンとして、「分かった?」と言うと、「はい」としか言いません。  これだけでは、全然面白くない …

言い訳のてんこ盛り

プレゼン教室に参加しているお子さんのご父兄から、子供がもっと自覚をもって勉強する様に指導するにはどうすれば良いかと相談を受ける事があります。 これは「子供のやる気を引き出す」コーチングの領域での考え方なのですが、親がコー …

子供のモチベーションを高める!

先日、脳科学者の先生から聞いた話です。 我々は人のモチベーションを高める為に、魅力的なご褒美を頻繁に使っています。 「仕事が成功したら、打ち上げだ!」「苦手な国語で90点以上取ったら、ご褒美に好きなものを買ってあげる」 …

ユーモアセンス

欧米では、ユーモアセンスはとても大切なスキルで、集団の中でリーダーになるのに欠かせない条件、もてる人の条件、出世する人の条件だとも言われます。 このスキルがないと人生を損してしまう可能性すらあると言われます。 ユーモアの …

Show & Tell(見せて語る)

アメリカの小学校の授業の中に、「Show & Tell」(見せて語る)というのがあります。  自分が経験した事について、絵や写真や品物を見せながら、人前で話し、説明するプレゼン訓練の授業です。 「Show &# …

パターン・ランゲージ3.0

先日、プレゼンコンテストの審査員でご一緒した、慶應義塾大学総合政策学部の井庭崇准教授が提唱するパターン・ランゲージ3.0のセミナーに参加しました。 パターン・ランゲージは、多様な人と共に、様々な事象を「状況」、「問題」、 …

英語のプレゼン

各地の小学校で出張授業をしていますが、その中に、先生の指示で、英語でのプレゼンを試みた学校がありました。生徒たちは日本語のシナリオを作り、先生達が英訳をするだけでなく、英語のシナリオにカタカナで読みを書き込んだものを生徒 …

想像性と創造性を育てる

おめでとうございます。新年になり、今年はもっと頑張ろうと心に誓う人が多いのもこの時期です。 今年、小学校に入学する子供達が定年になるのは、55年先の2070年頃です。その頃の世界はどんなかを世界中の英知を集めても予測は出 …

年の瀬のご挨拶

今年も残すところ僅かとなりました。不定期発信のこのブログにお付き合いいただき、誠にありがとうございました。 先日、協会の理事会を開催して本年を振り返り、来年の活動を話し合いました。一歩ずつですが、充実を図って参る所存です …

12月14日に寄せて

毎回、子供たちや若い人たちのことを書いてきましたので、今日は、爺さまのパワーについて書きます。 次の数字は、歴史上の「大仕事」をした人たち(男性のチームです)について、その年齢別の人数と構成比を示したものです。 60歳以 …

Page 2 / 4123»

カテゴリー

140630チラシ2
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 ジュニアプレゼン協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.